第7回楽平家オンラインサロン
赤十字運動と私-人道支援と中立性
2021年3月10日(水)20:00 〜

撮影日2017年11月、撮影場所ラカイン州ブティダン(億栄美 提供)
プロフィールと内容
億栄美プロフィル

京都出身。立命館大学産業社会学部卒業後、在学中に旅行したタイに魅せられ、渡タイ。カセサート大学で日本語講師として勤務後、フランス留学、ミャンマー留学などを経て赤十字国際委員会I C R Cミャンマー事務所で英語、フランス語、ビルマ語の通訳官として勤務。主に刑務所訪問に従事(2002年2月〜2007年10月、2013年5月〜2020年6月)。


プレゼンテーション内容


こんにちは。億栄美と申します。
私は2000年から2007年、2013年から2020年の14年間ミャンマー で過ごしました。この間仕事で各地を回りました。主な仕事は刑務所を訪問し受刑者の生活改善を図るもので、月に10日は刑務所に行っていましたので、私のミャンマー の思い出の大半は受刑者と刑務官との対話です。ただ、刑務所の状況については守秘義務がありますので、コメントできないことご了承頂きたく思います。
今回は「赤十字」とはどういう団体かということをご紹介させていただきたいと思います。日本赤十字、いわゆる日赤と聞くと、皆さん献血などのイメージを持たれるかと思います。私自身I C R Cに入るまでそうでした。日赤とI C R Cは姉妹関係にあり、赤十字運動と呼ばれています。私自身I C R Cに入ってから、赤十字の歴史などを勉強したのですが、ほとんど知らないことばかりでした。赤十字は身近な団体だと思いますが、どういう活動をしているか実情はあまり知られていないのではないでしょうか。
皆さんに是非ご紹介したいと思います。
Zoomによるオンラインミーティングです。

※なお、京町家の再生をプロデュースした栗原佳美が、「楽平家」のスポットを紹介する「町家の秘密」が含まれています。
申込方法
申し込み先:
mgx2chou@gmail.com

期日:
3月8日(月)
参加をご希望の方は、①名前、②メールアドレス、③電話番号(任 意)、④「会合を知ったきっかけ」、⑤「会合に参加の動機」または「参加にあたってのメッセージ」を記載の上、mgx2chou@gmail.com宛にお送りください。

参加にあたっては、パソコンにカメラとマイクの機能が備わっていること(外付けも可)が必要です。
パソコンからは、送付する「招待リンク」のURL(httpsではじまる青い部分)をクリックしていただければ参加できます。
スマホの場合は、あらかじめ、ZOOMアプリをダウンロードしておく必要があります。
アプリを起動して、上記URLの下に記載のミーティングID,パスコードを入力していただければ参加できます

参加申し込みは、必ず、参加者ご本人がしてください。
なお、①名前は、通称などでの参加も可能ですが、その場合( )で本名を必ず入れてください。
本名が不明の場合、参加できません。

また、これまで、「オンラインサロン」に参加された方で、メールアドレスに変更のない場合は、②に、過去に参加された月(あるいは第〇回)を記入いただければ、以後の項目は省略して結構です。
ただ、⑤に、「参加にあたってのメッセージ」を記載いただければ、下記の「参加者名簿」を通して、話し手の方々や参加者と共有します。

締め切りは、3月8日(月)までです。

その後、ミーテイング・ホストの原田正美から「招待リンク」が送 られてきます。
また、別便にて田村克己から確認のメールをいたします。
その際、事前配布資料、ならびに、①名前と⑤「会合に参加の動機 」あるいは「参加にあたってのメッセージ」記載の「 参加者名簿」を、送付いたします。

原則としてどなたでも参加できますが、人数の関係などの事情により、参加をお断りすることがあります。

なお、いただきました個人情報につきましては、責任をもって慎重に取り扱いますので、その旨ご了解ください。
Laphetye
Made on
Tilda