村上巨樹(左)、ミンミン先生とともに
撮影日:2019年1月9日、
撮影場所:ヤンゴン、ミンミン先生 宅
(村上巨樹提供)
<無断転載ご遠慮ください>
第16回
『楽平家オンラインサロン』
2021年12月8日(水)
20:00〜
ギター奏者の視点から見たミャンマー音楽
~ミャンマーマンドリンの師ミンミン先生を偲んで
話の内容とプロフィール
 ミャンマーでは伝統音楽を演奏する際、サウンガウッ(竪琴)やパッワイン(音階打楽器)などの土着の楽器が主に使われますが、西洋の楽器も多く取り入れられています。サンダヤー(ミャンマー式ピアノ)、バイオリン、スライドギターなどその種類は多岐にわたり、ミャンマーマンドリンもその1つです。
 私は長年ギター奏者として演奏活動を行っていますが、2016年からミャンマー音楽の現地調査を始めました。そして研究を進めるうちに「自分も伝統音楽を弾いてみたい」と思うようになりました。運良くヤンゴンの演奏家・ミンミン先生と出会い、 2018年から弟子となりました。今回の話はそのレッスン体験談 がほとんどです。
 残念ながら私はミンミン先生以外のマンドリン奏者と会ったことがありません。また、ミャンマーマンドリンに関する歴史資料や文献をあまり入手できていません。この事は、今回の話に客観的な視点が欠けている/論拠に乏しい要因となっています。「ミンミン先生からはこう教わったけど、実は間違いだった」という事柄が後で出てくるかもしれません。まだまだ研究途中の事項であることをあらかじめご了承下さい。
 最後に。ミンミン先生は2021年7月16日、新型コロナウイルスが原因で亡くなりました。最大級の敬意と追悼の意味を込め、話させていただきます。



<村上巨樹プロフィール>
 岩手県出身・在住。ギター奏者、作曲家、自主音楽レーベル「CADISC」主宰。ギターを使った新たなリズムアプローチを追求し ている。2007年、ギターとドラムだけのデュオバンドte_riを結成。国内外でライブを行う。2016年からミャンマーを訪問し現地の音楽(古典音楽・大衆音楽・レコード文化が主なテーマ)を調査。その結果を報告するトークイベントを日本各地で開催。寄稿・講演・TV出演などを行う。
    主な活動・作品歴
    2007年
    te_ri「emptiness+」(CD-R)
    2008年
    te_ri「Galois」(CD-R)
    デストリオ「Live at Kashiwa Drunkard's Stadium」(DVD-R)
    デストリオ「Live at Shibuya LUSH」(DVD-R)
    2009年
    村上巨樹ギターソロフランスツアー
    te_ri「half beat & twice magic」(CD-R)
    2011年
    te_riヨーロッパツアー
    石割桜「奥の細道」(CD)
    2012年
    村上巨樹&ヨシハマショウ「あふれる」(CD)
    2013年
    te_ri「far east debug」(CD)
    2015年
    村上巨樹「芸事のありか」(本)
    te_riアメリカツアー
    2016年
    村上巨樹「ミャンマー音楽の謎めいた世界へin東京」(トークイ ベント)
    2017年
    te_ri「kasugai low gravity」(CD)
    (2021年10月 配信を始めました。音源をダウンロード販売してるサイトは以下になります。)
    https://cadisc.bandcamp.com/
    村上巨樹「ミャンマー音楽の謎めいた世界へin仙台、東京、大阪 」(トークイベント)
    2018年
    村上巨樹「ミャンマー音楽の謎めいた世界へin札幌、奥州、仙台 、東京、一宮、京都、大阪、神戸」(トークイベント)
    2019年
    村上巨樹「ミャンマー音楽の謎めいた世界へin江別、札幌、青森 、盛岡、奥州、仙台、山形、福島、東京、浜松、豊橋、名古屋、 岐阜、京都、大阪、神戸、高松」(トークイベント)
    2020年
    村上巨樹「刻まれた音楽とノイズ -ミャンマーのレコード事情-」(本+CD)
    (2021年10月 重版。通販で購入できます。下記のwebをご参照ください。)
    2021年
    9月
    2021年9月に開催された、ミャンマー文化や芸術を紹介するイベント 「Pwal! Pwal! Pwal! Stay with Myanmar」 にミャンマーマンドリン奏者として参加。大友良英 Cathode for Myanmar、Cho Cho Aye with 村上巨樹の2番組に出演。以下に、インタビュー記事掲載中。
    https://www.pwalpwalpwal.com/
    2021年
    9月~11月
    NHKの各番組で、活動を紹介。
    2021年
    12月
    ライブツアー「村/吉/炎 北日本ツアー2021」を開催(予定)。
    • 3日(金)会場:郡山スタジオティッシュボックス
    • 4日(土)会場:札幌サウンドクルー
    • 5日(日) 会場:札幌161倉庫
    詳細はwebをご参照ください
    web http://cadisc.main.jp/
    Teamsによるオンラインミーティングです。

    ※なお、京町家の再生をプロデュースした栗原佳美が、「楽平家」のスポットを紹介する「町家の秘密」が含まれています。
    参加方法はこちら ➡
    申し込み先:
    mgx2chou@gmail.com

    お申込み期日:
    12月6日(月)

    開催日時:
    12月8日(水)20:00~
    参加をご希望の方は、①名前 ②メールアドレス ③電話番号(任意) ④「会合を知ったきっかけ」 ⑤「会合に参加の動機」または「参加にあたってのメッセージ」を 記載の上、mgx2chou@gmail.com 宛にお送りください。

    参加にあたっては、パソコンにカメラとマイクの機能が備わっていること(外付けも可)が必要です。パソコンからは、送付する「Teamsリンク」のURL(httpsではじまる部分)をクリックしていただければ参加できます。スマホ、タブレットの場合は、あらかじめ、Teaamsアプリをダウンロードしておく必要があります。
    アプリがインストールされていれば、上記のリンクをクリックすれば、自動的にアプリが起動して参加いただけます。ミーティングID,パスコードの入力は、必要ありません。

    なお、参加を申し込まれた方には、上記リンクの送付とともに、「Teamsの使い方」を添付にてお送りいたします。

    参加申し込みは、必ず参加者ご本人がしてください。
    なお、①名前は、通称などでの参加も可能ですが、その場合( )で本名を必ず入れてください。
    本名が不明の場合、参加できません。
    また、これまで、「オンラインサロン」に参加された方で、メールアドレスに変更のない場合は、②に直近に参加された月(あるいは第〇回)を記入いただければ、以後の項目は省略して結構です。
    ただ、⑤に、「参加にあたってのメッセージ」を記載いただければ、下記の「参加者名簿」を通して、話し手の方々や参加者と共有します。

    締め切りは、12月6日(月)です。
    ちなみに、参加費は不要です。

    その後、田村克己から「招待リンク」をお送りします。
    また、別便にて田村克己から確認のメールをいたします。
    その際、事前配布資料、ならびに、①名前と⑤「会合に参加の動機」あるいは「参加にあたってのメッセージ」記載の「参加者名簿」を送付することもあります。

    原則としてどなたでも参加できますが、人数の関係などの事情により、参加をお断りすることがあります。

    なお、いただきました個人情報につきましては、責任をもって慎重に取り扱いますので、その旨ご了解ください。

    Laphetye
    Made on
    Tilda