東シベリア、サハ共和国のサハ民族の鉄口琴ホムスと北海道のアイヌ民族の竹口琴ムックリ
(直川礼緒蔵・撮影)
<無断転載ご遠慮ください>
第14回
『楽平家オンラインサロン』
2021年10月13日(水)
20:00〜
口琴 単純にして複雑な
楽器の魅力を探る
発表要旨とプロフィール
口琴は、世界中、特にユーラシア大陸で使われている不思議な楽器です。楽器の構造はとても単純で、部品としては、「枠」と「振動弁」のみ。基本音もひとつしかありませんが、演奏者の口を共鳴器として使うことにより、様々な「音色」の変化を生み出します。これを利用して、言語的なコミュニケーションや、倍音による疑似メロディも演奏可能です。

様々な民族が、それぞれ独自の素材や形状の口琴と、その音楽を発達させており、ミャンマーでもナガ、ダウンヨーといった民族が持つことが報告されています。日本では、アイヌ民族の竹製のムックリが比較的知られていますが、本州では平安時代の鉄製のものが4本発掘されており、また江戸時代には大流行して幕府に禁止された、という歴史もあります。

分布が広い割には、それぞれの文化の片隅に存在している場合が多く、あまり重要視されることがない楽器ですが、人間の音表現の原初的な形として、大きな意味があると考え、追いかけています。この謎の楽器の魅力を、お伝えできれば、と思います。

皆さんお持ちの、口琴情報もお寄せいただければ幸いです。

日本口琴協会サイト http://www.koukin.jp/
facebook 日本口琴協会


直川礼緒(Tadagawa Leo)プロフィール

金沢生まれ。日本口琴協会代表、国際口琴協会理事。東京音楽大学付属民族音楽研究所共同研究員。ロシア連邦サハ共和国文化功労者。
サハ共和国、トゥヴァ共和国をはじめ、ハカス共和国、アルタイ共和国、カザフスタン、ノルウェー、オーストリア、ハンガリー、ドイツ、アメリカ、中国など各地の口琴大会、民族音楽フェスティバル・音楽考古学会等に参加。演奏・研究活動のほか、口琴奏者の招聘公演の企画・制作多数。2011年第7回国際口琴大会(サハ共和国)のコンテストで、9名の「世界口琴名人」の一人に選ばれる。

著書・論文・CD
  • 1994「日本の口琴の源流」小島美子・藤井知昭 編『日本の音の文化』第一書房
  • 2005「口琴のひびく世界」日本口琴協会
  • 2011「西比利亜発 電脳空間行」CD
  • 2014「ジャパニスタンの音楽」CD
  • 2016-2021「アジアの発掘口琴チェックリスト」東京音楽大学付属民族音楽研究所研究紀要 vol. 5-9(継続中)
  • 2016「日本の博物館収蔵の樺太(サハリン)アイヌの金属製口琴」北海道博物館アイヌ民族文化研究センター研究紀要 第1号
  • 2018「シベリア~アジア民族音楽の連続性」永山ゆかり・吉田睦 編『アジアとしてのシベリア ロシアの中のシベリア先住民世界』勉誠出版
  • 2019「Asian Excavated Jew's Harps and their Typological Aspects 从类型学上探讨亚洲出土的口弦琴(アジアで出土した口琴の類型学的考察)」口頭発表(招聘)。国際シンポジウム『石峁皇城台考古新発現暨口簧国際研討会』、中国陝西省神木。主催:陝西省考古研究院、中共神木市委、神木市人民政府
  • 2020a 「口琴とは何であるのか ~その分類と、構成要素」日本民俗音楽研究所紀要第1号
  • 2020b 「江戸時代の口琴図絵」日本民俗音楽研究所紀要第1号
  • 2020c 「リング付き口琴と『調律された』口琴のセット ~サハのホムスの『改良』の発想とその実現」日本民俗音楽研究所紀要第1号
など
    Teamsによるオンラインミーティングです。

    ※なお、京町家の再生をプロデュースした栗原佳美が、「楽平家」のスポットを紹介する「町家の秘密」が含まれています。
    参加方法はこちら ➡
    申し込み先:
    mgx2chou@gmail.com

    お申込み期日:
    10月11日(月)

    開催日時:
    10月13日(水)20:00~
    参加をご希望の方は、①名前 ②メールアドレス ③電話番号(任意) ④「会合を知ったきっかけ」 ⑤「会合に参加の動機」または「参加にあたってのメッセージ」を 記載の上、mgx2chou@gmail.com 宛にお送りください。

    参加にあたっては、パソコンにカメラとマイクの機能が備わっていること(外付けも可)が必要です。パソコンからは、送付する「Teamsリンク」のURL(httpsではじまる部分)をクリックしていただければ参加できます。スマホ、タブレットの場合は、あらかじめ、Teaamsアプリをダウンロードしておく必要があります。
    アプリがインストールされていれば、上記のリンクをクリックすれば、自動的にアプリが起動して参加いただけます。ミーティングID,パスコードの入力は、必要ありません。

    なお、参加を申し込まれた方には、上記リンクの送付とともに、「Teamsの使い方」を添付にてお送りいたします。

    参加申し込みは、必ず参加者ご本人がしてください。
    なお、①名前は、通称などでの参加も可能ですが、その場合( )で本名を必ず入れてください。
    本名が不明の場合、参加できません。
    また、これまで、「オンラインサロン」に参加された方で、メールアドレスに変更のない場合は、②に直近に参加された月(あるいは第〇回)を記入いただければ、以後の項目は省略して結構です。
    ただ、⑤に、「参加にあたってのメッセージ」を記載いただければ、下記の「参加者名簿」を通して、話し手の方々や参加者と共有します。

    締め切りは、10月11日(月)です。
    ちなみに、参加費は不要です。

    その後、田村克己から「招待リンク」をお送りします。
    また、別便にて田村克己から確認のメールをいたします。
    その際、事前配布資料、ならびに、①名前と⑤「会合に参加の動機」あるいは「参加にあたってのメッセージ」記載の「参加者名簿」を送付することもあります。

    原則としてどなたでも参加できますが、人数の関係などの事情により、参加をお断りすることがあります。

    なお、いただきました個人情報につきましては、責任をもって慎重に取り扱いますので、その旨ご了解ください。

    Laphetye
    Made on
    Tilda